保育園の特色

感謝の心

物や人への感謝の心と、命の尊さを知る良心を大切に育む日常を心掛けています。
食前には「感謝の気持ちを込めて(多くの命と皆様のお陰により、このご馳走を恵まれましてた)いただきます」と、
手を合わせて挨拶をします。
食後は「ごちそうさまでした(お陰さまで美味しくいただきました)」と挨拶をします。
このように私たちの日常は多くの命や、周りの全ての人によって支えられていることを知らせています

体操指導

4・5歳クラスでは専門指導により、体操指導を導入しています。
鉄棒や跳び箱などの基本的な運動技能の練習や、運動会での組立体操の指導、
また、子どもたちの大好きなゲーム遊びでは、ルールを守る事の大切さなども
学べる機会になっています。
子どもたちの健康な体と心を育てる為の一環として、職員・指導員ともに
体操指導での関わりを大切にしています。

異年齢児の触れ合い

積極的に異年齢での触れ合いを行っています。
大きいクラスの子どもが小さいクラスの子どもと関わる中で
思いやりの気持ちを育む機会となっています。
また、小さいクラスの子どもたちはそんなお兄さん・お姉さんとの関わり、
遊ぶ中から多くの事を学んでいます。

地域交流

団地の一角に立地しているきんし保育園では、団地の老人会のみなさんと
定期的に交流を持っています。
わらべ歌や伝承遊びなどをして、子どもたちが古き良き文化に触れられる
良い機会となっており、団地の方々に温かく見守られながら元気に育っています。
他にも八百屋さんに行ったり、警察署や消防署に見学に行ったりと地域の方々との関係を大切にしています。

遊びを中心とする保育

子ども時代を子どもらしく生きる事を大切に考えています。
健康な身体作り、沢山遊んで、お腹を空かせて、給食を食べるリズムを大切にしています。

人の話を聴ける子ども

毎週幼児クラスで「お集まり」があります。きちんとした姿勢を保ち、
集中して話を聴く時間を作っています。聴いてよく理解することが目的です。
聴いた事を自分の言葉で伝える事ができるようになると、探究心や表現がぐんぐんと育まれます。



お手伝い

お手伝いを積極的に取り入れてます。お手伝いは学びの宝庫です。
考える力、工夫する知恵、協力する力、手先の細かい動きの発達、身辺の自立意識が育ちます。



   保育の特色

感謝の心

物や人への感謝の心と、命の尊さを知る良心を大切に育む日常を心掛けています。
食前には「感謝の気持ちを込めて(多くの命と皆様のお陰により、このご馳走を恵まれました)いただきます」と手を合わせて挨拶をします。食後は「ごちそうさまでした(お陰さまで美味しくいただきました)」と挨拶をします。
このように、私たちの日常は多くの命や、周りの全ての人によって支えられていることを知らせています。

体操指導

4・5歳クラスでは専門指導により、体操指導を導入しています。
鉄棒や跳び箱などの基本的な運動技能の練習や、運動会での組立体操の指導。また、子どもたちの大好きなゲーム遊びではルールを守る事の大切さなども学べる機会になっています。
子どもたちの健康な体と心を育てる為の一環
として、職員・指導員ともに体操指導での関わりを大切にしています。

異年齢児の触れ合い

積極的に異年齢での触れ合いを行っています。
大きいクラスの子どもが小さいクラスの子どもと関わる中で、思いやりの気持ちを育む機会となっています。
また、小さいクラスの子どもたちはそんなお兄さん・お姉さんたちとの関わり、遊ぶ中から多くの事を学んでいます。

地域交流

団地の一角に立地しているきんし保育園では、団地の老人会の皆さんと定期的に交流を持っています。
わらべ歌や伝承遊びなどをして、子どもたちが古き良き文化に触れられる良い機会となっており、団地の方々に温かく見守られながら元気に育っています。

遊びを中心とする保育

子ども時代を子どもらしく生きる事を大切に考えています。
健康な身体作り、沢山遊んで、お腹を空かせて、給食を食べるリズムを大切にしています。

人の話を聴ける子ども

毎週幼児クラスで「お集まり」があります。
きちんとした姿勢を保ち、集中して話を聴く時間を作っています。
聴いてよく理解する事が目的です。聴いた事を自分の言葉で伝える事ができるようになると、探究心や表現がぐんぐんと育まれます。


お手伝い

お手伝いを積極的に取り入れてます。お手伝いは「学びの宝庫」です。
考える力、工夫する力、手先の細かい動きの
発達、身辺の自立意識が育ちます。